インプラント

インプラントの症例

インプラントと金属床

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

インプラントと補綴

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

インプラントとは?

「インプラント」とは、歯が失われてしまった部分へ人工の歯根を埋め込み、その上にご自身の歯に合わせた人工の歯を装着する治療方法です。
インプラントは、歯を失う前と同じように食事や会話を楽しむことができ、治療後の違和感も無く、周囲の歯へ余分な負担をかけることもありません。

なお、顎の骨の状態によっては、治療を進めることができないケースもございますので、まずは一度ご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • ❖ 見た目が自然

    審美性が高いので、ご自身の歯に近い見た目に仕上げることができます。

  • ❖ 自然の歯に近い機能が期待できる

    噛み合わせの力が強いため、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができます。

  • ❖ 装着後の違和感や外れてしまう心配がない

    直接顎の骨に埋め込む為、入れ歯のような違和感はありません。
    また、咀嚼の刺激が顎の骨に伝わり、骨の衰退を防止することができます。

  • ❖ メンテナンスによって長く使える

    定期的にメンテナンスを行うことで、安定した噛み合わせを比較的長く保つことができます。

デメリット

  • ❖ 治療に時間が掛かる

    個人差によりますが、ブリッジ等に比べると治療期間が長くなってしまいます。

  • ❖ 状態によっては治療を進められない

    手術が必要となる治療のため、顎の骨の状態により適応とならないケースもございます。

  • ❖ 定期的なメンテナンスが必要

    インプラントを長く保つためには、家庭での適切なブラッシングや、医院での定期メンテナンスが必要になります。
    (少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要です。)

  • ❖ 比較的費用がかかる

    健康保険が適用されないため、患者様が負担する費用が多くなってしまいます。

他の治療法との比較

歯が中間で1本抜けた

❖ ブリッジの場合

支台歯となる健康な歯を削りブリッジします。

❖ インプラントの場合

健康な歯と区別がつかない位、治療のあとが分かりません。また、健康な歯を削る必要がありません。

歯が中間で2本抜けた

❖ ブリッジの場合

健康な歯を削りブリッジします。
支える周囲の歯の負担が大きくなります。

❖ インプラントの場合

顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。

奥歯が数本抜けた

❖ 局部床義歯(部分入れ歯)の場合

バーを左右に渡し、さらに止め金で固定します。

❖ インプラントの場合

数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。

歯が全部抜けた

❖ 総入れ歯の場合

保険の総入れ歯、金属床義歯、シリコーン義歯、アタッチメント義歯などがありますが、顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。

❖ インプラントの場合

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に固定します。

❖ 比較一覧表

項目/治療法インプラント入れ歯ブリッジ
審美性
優れる
良くない
良い
咬む力
優れる
弱い
良い
口内衛生
優れる
(手入れ要)
不衛生になりやすい
不衛生になりやすい
耐久性優れる合わなくなることが多い両隣の歯を削る
健康な歯を削るなし
なし
両隣の歯を削る
違和感
なし
有り
少ない
顎骨がやせる
なし
やせる
やせる事がある
手術
有り
(抜歯程度)
なし
なし
診療形態
自由診療
保険診療
見栄えの良いものは
自由診療となります
保険診療
見栄えの良いものは
自由診療となります
治療期間
3~6ヵ月
2週間~2ヶ月
2~3週間

インプラント治療の流れ

❖ カウンセリング

Step01

治療に関してのカウンセリングを行います。軽い気持ちで様々な事柄をお問い合わせください。

❖ インプラントの治療・診断・治療計画の説明

Step02

インプラントを埋め込む箇所と口腔内の骨の状態、歯肉・噛み合わせの診察を行います。
レントゲン撮影やCT撮影等を行い、お口の中全体の治療計画を立て、十分に患者様と話し合いをします。

❖ 術前処置

Step03

必要な場合、歯周病、虫歯の治療等を行い、衛生状態を良好にし、手術にむけて準備します。

❖ インプラント埋入手術

Step04

治療計画に従い、インプラントの歯根になる部分を埋入します。

❖ 安静期間

Step05

埋入したインプラントと骨が結合するために少し期間を置きます。大体3~6ヵ月かかります。

❖ 治療期間

Step06

仮歯を入れ、歯肉の状態、噛み合わせの状態をチェックし修正し、全体のバランスを整えていきます。

❖ 最終的な装着歯の作成

Step07

精密な型取りを行った後に、最終的な装着歯を被せます。

❖ メインテナンス(定期検診)

Step08

インプラントを長持ちさせるために、メインテナンスを開始します。インプラントの状態、歯肉や噛み合わせ、被せた歯の状態等の検査を行います。

インプラント Q&A

インプラント治療を行うのに、入院は必要ですか? また、痛みを伴いますか?

普通のインプラント手術では入院する必要はありません。ただし、手術後は安静が必要です。
また、治療は十分な局所麻酔で行うため、痛みはほとんどありません。

治療期間はどのくらいですか?

手術自体は数時間で終了し、手術後は経過観察のために通常3~6ヵ月間の通院が必要となります。
経過観察の期間は患者様によって異なりますので、事前に確認しましょう。

費用が高いと聞きましたが・・・

症状や治療の内容により負担費用額は異なります。
長期に渡って機能しますので、一概に高いとは言い切れないでしょう。

面倒なアフターケアは嫌なのですが・・・

特別なアフターケアは必要ありません。
インプラントは普通に歯磨きをし、2~3ヶ月に1回の定期検診(メインテナンス)で長期に渡って使用できます。
(40年以上たっても問題なく機能している事例もあります)